みなさんは“珈琲の鮮度”という言葉を
ご存知ですか?


----------------------------------------
珈琲は“鮮度”が命です。

”珈琲の鮮度”とは、その豆が『いつ焙煎されたのか?』ということ

焙煎した後の珈琲豆は、
香り成分や炭酸ガスを放出しながら徐々に味の劣化が進みます。
珈琲豆はまとめ買いせずに、できるだけこまめに焙煎した豆を買っていただくことをおすすめしております。
当店では、お客様の消費量に応じて1週間から10日程度で飲みきれる量ずつ購入していただけるように、ご注文を頂いてから焙煎する『注文焙煎』を行っております。

ハマ珈琲は何も足さない“珈琲本来の味”と“鮮度”を最重要視した珈琲専門店です。


 珈琲は、はじめから茶色い色をしてるわけではありません。
 焙煎することによって茶色くなるのです。
 その前の状態というのは、焙煎してない状態、いわゆる“生の豆”。

hamacoffee1

 珈琲は、生豆の状態であれば長期保存も可能ですが、焙煎後は1週間~10日程度しか鮮度が保てません。
 ですので、それまでに飲む事が重要なんですが、残念なことにスーパーや専門店などで普通に売られているコーヒーは、賞味期限が数か月~1年もあり、陳列されている時点ですでに焙煎後数週間は経過して、とても鮮度が保たれてるとはいえない商品がほとんどなのです。


要は、その豆が
どこの産地のものか?
どういう品質ランクのものか?
ということも味を左右する重要な要素ですが、それ以上に
“いつ焙煎したのか?”
ということが最も重要な要素なんです。

hamacoffee2

その次に、焙煎度です。
浅く煎れば酸味が強く、深く煎れば苦味が増してきます。
どの煎り具合がお好みなのかは、人によって違います。

産地や農園やランクは、その次です。

ぜひ皆さんのお好みの味に出会っていただきたいと思います。

どれだけ良い豆を使ってても、焙煎してから何日か経てば香りも味も変わってきます。
どの時点が一番おいしいと感じるかは、ぜひ皆さんの舌で判断してください。

hamacoffee3


『珈琲本来の味を愉しんでもらいたい』

 これがハマ珈琲の原点です。
 珈琲本来の味とは、酸化してない珈琲の味のことです。

 それぞれ豆には味の個性があり、飲み手の好みも千差万別。『絶対にうまい豆』というのはありません。
 しかし、良い珈琲の条件はあります。

 その条件をクリアした上で、自分にあった好みの珈琲というのを探していただきたいと思っております。

hamacoffee4


当店の、珈琲豆の注文焙煎では、各種生豆を取り揃え、お客様に一番良い状態でお渡しができるよう、ご注文をお受けしてから焙煎いたします。
毎日焙煎し、常に新鮮な豆を提供することを第一に考えております。

また、焙煎豆を挽いて粉の状態のお渡しは、著しく鮮度を落とす要因になりますのでおすすめはできません。

また、店内でお飲みいただける場所をご用意しております。

hamacoffee5


煎りたてハマ珈琲は、
お客様に一番良い状態で珈琲豆をお渡しすることをモットーにしており、皆様にとっての珈琲の新たな発見のきっかけとなり、自分好みの味を見つけていただくお手伝いをさせていただきたいと思います。