1kg焙煎機 [HCR-1000]

1kg焙煎機 [HCR-1000]

販売価格: 492,800円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

希望小売価格: 528,120円

内容量、又は重量: 30000g

この商品にはポイントはつきません。

ご希望の納期(発送日):
◆使用するガスの種類を選んでください。
適応するガスコンロをお付けいたします。
(ガスホースはお客様でご用意ください)
ガスの種類:
デジタル温度計の追加オプションになります。
HCR-1000には、アナログ温度計が標準装備されておりますが、豆の温度に近い温度を表示するデジタル温度計を追加で装着したい方はこのオプションを選択してください。
デジタル温調追加:

販売価格: 492,800円(税込)

希望小売価格: 528,120円

数量:
「構造が簡単で扱いやすく、

毎日必要な量がさくっと焙煎できる

可愛らしい小型の焙煎機がほしい。」


珈琲まめ屋と大阪の町工場がタッグを組んで焙煎機を造るとこうなりました。


煎りたてハマ珈琲が、日々行われる焙煎業務の中で培ってきた知識と技術を結集し、本当に焙煎に必要な機能を全て備えた当社オリジナル設計の小型焙煎機です。

今現在、喫茶店を営んでいる方や、これから開業を考えておられる方で焙煎機の導入を計画されてる方におススメです!

-------------------

◆【製品の主な特徴】

・取り扱いやすい1kgクラス!(生豆時1200gまで)
・連続焙煎可能!
・排気・サイクロン・ダンパー・冷却機能を装備した1kg焙煎機としては、クラス最安値!
・高出力ファンによる余裕の排気流量と、高い冷却能力
・大手メーカーの既製品と同等以上の焙煎能力と操作の容易性!
・お店の雰囲気やシチュエーションを選ばないデザイン
-
「お店でふだん使う豆(200g〜600gぐらい)がさくっと焙煎できる焙煎機がほしい」
「そろそろ手動焙煎を卒業したい・・・」
「でも、大手のメーカーの焙煎機は高すぎる」
「排気機能がある機材がいい!」

そんな方にはぜひおすすめです!

-------------------
【仕様】

形式・・・半熱風式(ドラム回転型)
生豆焙煎容量・・・1.2kg(最大)

バーナー出力・・・3.5kw
(コンロは商品一式に含まれております)

熱源・・・ガス(LPG・都市ガスからご指定下さい)

主 電 源・・・100v単相(家庭用電源)

焙煎ドラム駆動モーター出力・・・15w
冷却用攪拌モーター出力・・・6w
排気用ファン・・・入力 55w
         回転速度 3050 r/min
         最大風量 2.6 m3/min
         最大静圧 284 Pa


◆「1台1台、丁寧に手作り」

制作風景1

当社の焙煎機は、お客様からご注文をいただいてから作り始めます。

制作風景2


最終テスト焙煎をして異常がないことを確認してからお客様にお渡しいたします。

試し焙煎


手入れ後に納品いたしますが、テストロースト時のチャフや焙煎した時に出る油分などの跡が若干残っている場合がございます。ご容赦願います。


◆焙煎技術について

珈琲の焙煎は、焙煎度や焙煎時間を自在に操れるようになると自由に味をつくることができます。
ギターやピアノなどの楽器が、演奏の仕方によっていろんな音色を奏でることができるように、この機械も焙煎の仕方によっていろんな味を表現することができます。

そこには正解も間違いもありません。

焼き手が「どのような味を作りたいのか」というイメージを明確にしておかなければ安定した焙煎はしにくいと思います。
また、抽出方法によっても大きく味が変わりますので、安定した珈琲の味作りをしようとすると、生豆の管理〜焙煎〜抽出までの工程を毎回同じようにする必要があり一般に「焙煎=ムズカシイ」と思われがちです。

しかし、決して『珈琲豆の焙煎=ムズカシイ』というものではございません。
ムズカシク説明する人が多いだけです。

焙煎のポイントをつかみ、いくつかのコツを覚えれば誰でも簡単に焙煎することができます。
これは他の調理にも当てはまることだと思います。

後は機械の操作に慣れ、よく観察して豆と会話することが重要となります。

なお、取り扱い説明書には焙煎の要領の一例を記載しております。
何度も焙煎してはやく珈琲豆とお話ができるようになってください。

--------------------

焙煎機には、サイクロンと冷却機、ダクトが3本含まれています。
サイクロンは任意の場所に設置していただき、ダクトで本体と接続します。

サイクロン



ダクト径は、
[冷却箱ー焙煎機ーサイクロン]は75φ。
[サイクロンー煙突]は100φです。
75φ×2本、100φ×1本お付けいたします。
それぞれ3mまで伸ばして使用する事ができます。

焙煎機荷姿一例



◆煙突に関して
設置場所の環境によって必要な煙突の部品の長さが違いますので、焙煎機に煙突は含まれておりません。
サイクロンより先は、下記のような100φの煙突を接続して屋外に排出します。
■ステンレス煙突丸型Pトップ100
■ステンレス煙突T曲り100
■ステンレス煙突直筒100 (外径100mm/全長910mm(有効830mm)/厚み0.3mm)
■ステンレス煙突直筒100 (外径100mm/全長455mm(有効375mm)/厚み0.3mm)
参考 http://www.d-mall.org/kodama/chihara/063.html

もし、手配ができない場合は当方で準備することも可能です。
この場合は実費をお支払いいただきます。

--------------------------------


◆納期
下の『納期(発送日)』と書かれたセレクトボックスからご希望の納品日を選択してください。
この『納期(発送日)』は、当方が「この日には確実に発送できます」とお約束する日です。これより早い日の指定はお受けできません。

大阪から概ね500km圏内でしたら翌日のお届けが可能ですが、遠方へお送りする際は中1日〜2日程度日数がかかる場合もございますのでご注意ください。

直前のご注文の場合は納品まで少々お日にちを頂戴する場合がございます。
また、完成が近づいてまいりましたらお客様にお届け日を確認してご希望の日にお届けいたします。

◆送料
送料は一律22,640円です。


運送中の衝撃や振動から商品を守るため、専門業者に依頼して強化ダンボールで梱包して発送しております。


直接取りに来ていただく場合は梱包代・送料などはかかりません。


焙煎機荷姿一例
本体+サイクロン+備品(3個口の場合)

焙煎機荷姿一例


【開梱・組み立て時に必要な道具】
・ハサミ又はカッターナイフ
・17mmスパナ
・19mmスパナ
・プラスドライバー
・軍手など

ガスのホースは付属しておりませんのでお客様でご用意ください。

----------------------------

この焙煎機は店でも使用しておりますので、当店へお越しいただければより詳しい説明をさせていただきます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。
1kg焙煎機 [HCR-1000]

販売価格: 492,800円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

希望小売価格: 528,120円

内容量、又は重量: 30000g

この商品にはポイントはつきません。

ご希望の納期(発送日):
◆使用するガスの種類を選んでください。
適応するガスコンロをお付けいたします。
(ガスホースはお客様でご用意ください)
ガスの種類:
デジタル温度計の追加オプションになります。
HCR-1000には、アナログ温度計が標準装備されておりますが、豆の温度に近い温度を表示するデジタル温度計を追加で装着したい方はこのオプションを選択してください。
デジタル温調追加:

販売価格: 492,800円(税込)

希望小売価格: 528,120円

数量:

Facebookコメント

レビュー

  • 5
    数年後には名機とされる予感
    購入者 さん
     先ず最初に申し述べたいことは「HCR-1000」自体の評判は導入の有無は別として現時点ではそれほど巷の噂として出てこないが、使用されているお店(少なくとも大阪・京都の範囲)の評判は比較的に高いように思われる。
    あくまでも私見ではあるが、1つの判断材料としてHCR-1000の及ぼす影響も大きいのではと推測され、であれば焙煎をする上でのアドバンテージとなっている可能性が高いものと考えられる。

     筆者は約1年半の期間を使用し大変助かっていることは、メンテは別として故障知らず。
    電気系統にガスコンロは常に快調で、毎日ストレス無しで大変有り難い。
    また、購入前は計器類がサーモメーターだけという点で多少の不安もあったが、
    使用の結果すぐにその不安もなくなり、1kg焙煎機として必要最小限にまとめられた設計内容には十分納得。コストパフォーマンスの高さも使えば使うほど更に実感していくと言えるだろう。

     焙煎機が引き出す味については前述に示唆した通りだが、恐らく5年〜10年後には1kg小型焙煎機の名機としてその存在を放つのではないかと期待も込めて予測。
    簡単ではあるが当方のレビューとして投稿させていただく。拝読いただき感謝。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4
    シンプルで使い易い
    購入者 さん
    機能は極めてシンプルですが、基本性能は充分な能力があります。
    また、構造がシンプルなだけに、回転数制御や排気制御などの機構を追加して、独自製法を行なう事が出来ます。
    手作り感満載ですが、見た目以上に頑丈な造りですが、直火焙煎機であるため、焙煎者の腕が問われますので、自身の無い方は、加熱ムラの出来難い半熱風式などを選ばれると良いでしょう
    1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5
    シンプルイズベスト
    購入者 さん
    開業(2017早春予定)に合わせて本年8月に購入しました。以降、およそ週に2回のペースで月計10キロ程を焙煎しています。この機が来るまでは焙煎業者の直火式機を時折借りて焙煎していました。シンプルな構造なのでとても使いやすく、個人的に業務用で一番だと思います。半熱風式の焙煎方式は、すっきりとしたコクのある焙き方が出来、雑味がかなり軽減されます。特に一度生豆を洗って乾燥させてから焙煎する私のやり方に、非常に合っている焙煎機です。

    更に感心したのが熱源です。正直、焙煎機でイカれるとしたらモーターかこの部分。モーターに比べ、焙煎機の多くは知る限り本体と熱源が一体となったものがほとんど。壊れたら本体毎修理となりますが、熱源を市販のガスコンロで使えるようにしたのはグッドアイデアです。熱源の交換(炭火等)にも対応出来そうなのもポイントが高いです。

    また業務用として、この価格で提供してくれるのも大きな魅力でした。大手と呼ばれる焙煎機の約半分の値段で、大手機に引けを取らないパフォーマンスは流石です。営業で生豆焙煎をこれから始める方はもちろん、自宅焙煎にも打って付けのマシンです(ちょっと贅沢ですがw)。

    ただ使い込むと欲が出るのか、まだ動かして3カ月程なのに早くも1キロ焙煎(生豆で最大1.2キロ)にちょっと物足りなくなっている自分が居て、少し驚いています。僕がそう感じているのだから、ハマさんは尚の事だと思っていますし、きっともっと大きなマシンを近い内に登場させようとする野望w がある筈! その時は無論、また導入しますのでよろしくお願いしまーすm(__)m

    ハマさんの並々ならぬ執念w と努力の結晶が詰まったこのHCR-1000を、是非皆さんもその眼で見て、触って使って感じ取って下さい。きっと焙煎する人には伝わると思いますよっ!
    このレビューは参考になりましたか?